湘南ダッシュ族といった、懐かしい夏季の青春の備忘録。

スカパー!のアニマックスで、元旦からオリジナルビデオアニメ「湘南疾走族」の習得全作日程があり、懐かしくてオール録画して観ました。
台本のアニメが好きで、当時のべつ読んでいました。
ヤンキーでエキサイト族って、自分には甚だそんなコンポーネントは乏しいし、憧れ等も全くないけれど、第一人者であり主役の江口洋介を始め、
団員5方みなさんパーソンが個性豊かで立ってあり、シリアスな紛争の感想も緩いトピックの感想もとても面白かったんです。
思春期特有の感情の振動や機微等も思い切り描かれていて、青春セミナー品としてもしばしば出来ていると思います。
ビデオコミックも全て全然良かった。
アニメのアニメ化となると、ムードが違ってしまっていたり挿し絵が汚らしい・似てない等実に眩しい物はないものですが(殊更昔はそうでした)、これは
正しく講話も絵柄も台本に沿っていて、丁寧に作られていました。生産部下がフランクだったのですか。
そういったところが無職に盛り込みられたというのですが、全12巻も制作される長寿関係になりました。
このコミックの5,6巻居所が発売されたうち、単独はレンタルビデオ店舗でアルバイトにおいていました。
さっぱりフォトなんてものもしてない分厚いVHSテープのうちで、町にも何かと個人のビデオ店舗がありました。
今はさらにTSUTAYA・GEOばかりですね。
自分が働いていたのも個人のお店で、丁度高校生の夏休みが序盤時世に重なったので、始まり配下で入れました。
それほど歳月で日数が経つのが遅くて、1カ月つり銭で辞めてしまいましたけど、棚を掃除している時に常にそういったビデオのジャケットを
眺めていたのを思い出します。
単独において湘南疾走族は、アニメそのものにも思い入れがあるし、互いに青春の夏休みの事例でもあるのです。https://xn--2ckye5b255vfuu.com/